ニキビ洗顔の正しい方法を知ろう|乾燥は肌の大敵

婦人

ニキビは治すことが出来る

横顔

ニキビ洗顔商品を買うときには、皮脂や潤いを余計に取り除いしてしまうような洗浄力の強いものはやめておきましょう。クレンジングと洗顔が出来るオールインワンタイプが便利で、オーガニック製品が欲しい人は石鹸タイプがおすすめです。

View Detail

ニキビ用の洗顔料がある

スキンケア

ニキビ洗顔料を買うときには洗浄力に注目して購入するといいです。弱アルカリ性は洗浄料が強いため、脂性肌の方におすすめの商品になります。弱酸性のニキビ洗顔料は洗浄力が弱めなので、敏感肌や乾燥肌の方が利用するといいでしょう。

View Detail

できるだけ予防を

顔を洗う

ニキビ洗顔には、殺菌効果があるものが多いです。また、薬用と表記のあるものは、効果がより期待できるといえます。有効成分が含まれるためです。ただし、合わない場合もありますから、体などで試してから使うようにしましょう。

View Detail

毎日できる対策

洗顔

ニキビができる仕組み

ニキビは青春の象徴とも言われるように、成長期にできやすい皮膚疾患です。毛穴に詰まった皮脂や汗などの分泌物や外部からの汚れに雑菌が繁殖することで炎症を起こしてニキビとなります。成長期は皮脂の分泌が盛んになるので毛穴が汚れやすいのです。成長期が終わった大人の場合はホルモンバランスの乱れやストレスなどで皮脂が多くなることがあり、これもまたニキビの原因となります。皮脂量が多い時はニキビ洗顔で毛穴をすっきりと洗浄することをおすすめします。大人の場合は気になる時に集中してニキビ洗顔を使用しましょう。洗顔後は必ず保湿をしましょう。乾燥は肌のバリア機能を低下させることもあります。ニキビ肌でも使えるスキンケア化粧品を選ぶと安心です。

一般的な洗顔料との違い

ニキビ洗顔と一般的な洗顔料の違いは、洗浄力とアクネ菌対策にあります。まず洗浄力は毛穴の中までしっかり洗浄できるだけの成分を配合しているということが望ましいでしょう。強力な洗浄力なので肌質によっては朝は一般的な洗顔料、夜だけニキビ洗顔といったように一日一回の使用に抑えた方が良いこともあるので、肌の状態をチェックしながら調節しましょう。次にアクネ菌対策ですが、アクネ菌はニキビの大敵でもある細菌の一つです。ニキビ洗顔にはアクネ菌の繁殖を抑えるための成分が配合されているものもあります。ニキビがたくさんできやすくて困っているという方にはおすすめの成分です。ニキビ洗顔を選ぶ時にはこういった特徴もチェックしてみましょう。